ウィリアムズ症候群とつるの剛士の関係は?病気の症状は顔つきにも出るとの噂。

約1万人から2万人に1人と言われている『ウィリアムズ症候群』ですが、つるの剛士もかかっているのではないかと噂されています。国の難病指定にもなっているこの病気の症状や、特徴、そして実際につるの剛士がこの病気にかかっているのかを徹底調査しました。それではどうぞ!

つるの剛士の病気はウィリアムズ症候群?

かつてからネット上では『つるの剛士』の病気を危惧する声が囁かれていましたが、その病気が『ウィリアムズ症候群なのではないか?』と噂されています。

なるほど。

つるの剛士の食生活や血圧を心配する声があるようですね。

そこで早速、彼がウィリアムズ症候群にかかっているのかを調査していると意外な事実が判明しました!

View this post on Instagram

つるの剛士さん(@takeshi__tsuruno)がシェアした投稿

結論から言ってしまうと、どうやらつるの剛士はウィリアムズ症候群にかかっているというのは全くのデマのようで、噂の出どころを探ってみたところ、ウィリアムズ症候群のお子さんを育てている一般人の方が公開された『ウィリアムズ症候群つるのブログ』というタイトルを見たファンが『ウィリアムズ症候群つるの→つるの剛士』と連想してしまったことがきっかけのようです。

View this post on Instagram

つるの剛士さん(@takeshi__tsuruno)がシェアした投稿

とんだ早とちりですね…。

ウィリアムズ症候群はどんな病気?

さて、1万人から2万人に1人とも言われているウィリアムズ症候群ですがどのような病気なのでしょうか?

View this post on Instagram

#ウィリアムズ症候群 #初めて #聞いた #難病

おにっちさん(@special_olympics_onicchi)がシェアした投稿 –

確率で言うと0,01%から0,02%なのでかなり珍しい病気ですよね。

どうやら人懐っこいというのも、この病気の特徴のようですね。

具体的にどのような病気なのかを調査してみると

ウィリアムズ(Williams)症候群は、特徴的な妖精様顔貌、精神発達の遅れ、大動脈弁上狭窄及び末梢性肺動脈狭窄を主徴とする心血管病変、乳児期の高カルシウム血症などを有する隣接遺伝子症候群。

症状の進行を認める疾患であり、加齢によりとくに精神神経面の問題、高血圧が顕著になる。これらの症状に対し、生涯的に医療的、社会的介入が必要である。

うーん…。ちょっと説明が難しいですね。

簡単に説明すると

根本的な治療方法はまだ確立されていない

合併症を引き起こす可能性があるので定期検診を受け続けなくてはいけない

・視空間認知能力に欠け、物を探すことや道具の使い方などに障害が見られる

顔つきにも特徴がある

・人懐っこい性格

・低身長

などの特徴があげられるようです。

それにしても『人懐っこい』というのはかなり珍しい特徴ですよね。

どうやら『全ての人を愛してしまう』とも言われているくらい、どのような人にも積極的に話しかけたり笑顔で接してしまう一面があるようで、これらがこの病気の人を『憎めない』という評価につながっているのでしょうね。

顔つきに特徴がある?

ウィリアムズ症候群の特徴としてあげられる要因の一つに『顔つき』があるようです。

なるほど。

妖精の生まれ変わり』や『エルフのような顔つき』などとも言われているようですね。

そこで画像をお借りして、実際にどのような顔つきなのかを確認してみることにしました。

確かに特徴的な顔をしていますね。

ちなみに『積極的に話しかける』や『友好的』と言われてはいますが、他人を傷つけるような人や自分に危害を及ぼしそうな人には近寄っていかないなど、人を見る目にはかなり長けているそうです。

この病気にかかっている芸能人はいるの?

芸能人でウィリアムズ症候群にかかっている人を調査してみたところ、どうやら日本ではいないようですね。

海外のコメディアンで『キャロット・トップ』というコメディアンがいるどうなのですが、どうやたこの方はウィリアムズ症候群でありながらもお笑いの分野で活躍をしているそうです。

赤毛で自虐的なネタで知られているそうで、主に小物を使ってネタをすることから英語の知らない人や、子供が見ても面白いと評判のようですよ!

ただ、子供にはちょっと刺激が強すぎるとの声もあるようです…笑

いかがでしたでしょうか?

今回は、つるの剛士がウィリアムズ症候群なのかという真相や、この病気の特徴などについてまとめてみました。

昨今では様々な事件の影響で人を信じられないといった人が増えてきているような気がしますが、彼らのようにまずは歩み寄ってみるという姿勢は見習わなくてなならないかもしれませんね!

>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.