石原真理子の現在の家は都営住宅?激太りで全盛期の見る影もないとの噂。

1980年代に全盛期を迎え、大女優の名声を欲しいままにしていた『石原真理子』ですが現在の住まいが都営住宅で転落していると噂です。また、激太りしているとの噂もキャッチしました。それらに関して徹底調査してみました。それではどうぞ!

大女優の現在は都営住宅暮らしで生活に困窮?

1980年代に女優として活躍し、当時のことを知るファンの間では石原真理子と言えば『ふぞろいの林檎たち』と誰しもが口を揃えて言うほどの代表作を持っている彼女。

View this post on Instagram

いちごさん(@funfunringo)がシェアした投稿

学歴社会の昨今に物申すドラマで、そんな中で4流大学に進学し、大学生活での葛藤を描写したこの作品は1983年から1997年にかけてパートⅠからパートⅣまで放送され平均視聴率も17%を超えていたなど、当時を語るうえでは外せないドラマだったそうです。

のドラマを見たことによって、大学に進学しなくても良いと感じたなど、影響力は計り知れないものがあったようですね。石原真理子は『ふぞろいの林檎たち』で宮本(門脇)晴江役として出演し、その他様々なドラマなどにも起用されることにより大女優としての地位を確立していきました。

View this post on Instagram

モカさん(@xxmocaxx)がシェアした投稿

アメリカの大学に留学をし、心理学と天文学を学び卒業するなど容姿端麗な事でも知られる彼女ですが、2003年に男性へのストーカー行為が発覚し実刑判決を受け、ラスベガス郊外の刑務所に125日間、服役した過去を持つなどなにかと話題が多いようです。

ストーカをしていたとされる男性は石原真理子が行為を抱いていた男性ミュージシャンだったようで、年間30通の手紙を送っていたことがストーカー行為とされてしまったようです。そして実は手紙を書いたのは自分の意思ではなく占い師のアドバイスだったことを告白し、更にはその占い師に4000万円をだまし取られたこともカミングアウト。まさに寝耳に水状態で波乱万丈の人生だったんですね…。

こういったスキャンダルが影響してか仕事も激減し、実刑判決を受けた2003年以降の出演は2006年に放送された2時間ドラマの『どケチ弁護士山田播磨の温泉事件簿』と2007年に公開された映画『あしたの私のつくり方』だけと数えるほどになってしまいました。

そして現在の石原真理子は大女優と呼ばれていた頃とはかけ離れた生活を送っているとの噂で、現在は都営住宅暮らしで過去の輝きは見る影もないと話題になっています。

相当な貯えがあるだろうし、さすがにこの噂に関してはデマだろうと思っていたのですがどうやら真実のようですね…。

どうやら事業に失敗してしまったことがあったりと、様々な不幸に見舞われたことで都営住宅に住むことになってしまったようです。

事業内容に関しては明らかになってはいませんが、どうやらフィリピンの方で事業を興していたようでこちらが失敗してしまったということなんでしょう。

それにしても家賃4000円の物件に実母と2人で暮らしているとのことで、かなり困窮している様子が伺えますね…。

2017年の7月にはスーパーで弁当とお茶をレジを通さずに外に出た万引き疑惑も浮上。

『お腹が空いていたので取ってしまった』と事実を認めたことで書類送検され『大女優もここまで堕ちたのか』とファンを失望させる結果となってしまいました。

万引きした際の所持金がなんと3000円だったということで生活に苦しんでいたのが感じ取れますね。

住んでいるのは墨田区の都営住宅?

さて、大女優からまさかの大転落で現在は都営住宅暮らしろいうことが発覚した石原真理子ですが、果たしてどこの都営住宅に住んでいるのでしょうか?

View this post on Instagram

Newsポストセブンさん(@newspost7)がシェアした投稿

調査してみたところ、どうやら墨田区の都営住宅に住んでいるのではないか?ということが週刊誌が報じた記事で明らかになりました。

さらには万引きをしたスーパーが墨田区だったということも考えると、この噂も真実だと言えるのではないでしょうか?生活圏内にあるスーパーで犯行に及んだということが一番考えやすいですからね。ちなみに墨田区には21戸の都営住宅があるようで、このどれかの物件に石原真理子が住んでいることになります。

果たしてどの物件に住んでいるのでしょうか?ちなみにこのような目撃情報もあったようです。

7月の深夜に石原真理子さんが引っ越ししているところを目撃した人もいたそうです。

この都営住宅は世帯主の所得に応じて家賃が決まっていて、世帯主の母親が65歳以上の高齢者の場合は、減免を受けて月額4000円程度になります。

しかし、娘の真理子さんが一緒に住むとなると家賃が不正になるのではと言われているのです。

元大女優が都営住宅に住んでいるということもさる事ながら、家賃の減免を受けた住居に申請をせずに住んでいたことも問題視されているようです。

確かにこれまで食いつないでこれたのはすごいですよね。『覚えている人って20%もいるのか?』というコメントに関しては、石原真理子からしても早く忘れて欲しい過去だと思うのでありがたいのかもしれませんね…。

万引きしたスーパーを特定!?

墨田区には数多くのスーパーがあり(墨田区に限ったことではないのですが…笑)

どこのスーパーで犯行が行われたのかはまだ明らかになっていないため調査してみることにしました。週刊女性が報じた内容によると犯行が行われたのはターミナル駅そばのビルの地下にある大手スーパー』だったとのことでした。

墨田区にあるターミナル駅そばのビルの地下にある大手スーパーです。そこで、弁当とお茶を持ったままレジを通さず外に出たため、店員が110番通報したようです」(一般紙社会部記者)

この文章から推測するに、恐らく墨田区のターミナル駅というのは『亀戸駅』のことを言っているのではないか?という考えに行きつきました。それに加えて亀戸駅のビルの地下にあるスーパーを検索していると…ありました。恐らくこのスーパーなのではないでしょうか?

北野エースアトレ亀戸店』です。場所も亀戸駅から目と鼻の先にあり、そしてなにより地下に店舗を構えていることから、ここで犯行が行われた可能性が非常に高いのではないか?と私は考えています。駐車場や駐輪場もあることや、駅から近いこともあって雨の日も安心に買い物ができると非常に評判の良いスーパーのようです。

石原母娘に対して近隣住人はどう思っている?

石原真理子が近くに住んでいるということで近隣住民は大盛り上がりなのかと思いきや、相当嫌われているらしく『今すぐに出ていってほしい』といった声まであるようです。歓迎ということではなく真逆の意味で大盛りのようですね…。

View this post on Instagram

Kazushi Ryoguchiさん(@nekotachiffonmarron)がシェアした投稿

その理由として

・母娘喧嘩が絶えず昼夜おかまいなしに大声で怒鳴り散らしている

・最近知り合った近隣住人に『私はタワーマンションに住んでいる』などと吹聴している

・母親は立候補して自治会長をしているが自治会費の横領疑惑があがっている

などの理由で相当嫌われているようです。確かにこれだけのことをやっていれば嫌われても仕方がないですし、庇いようもないですね…。

メディアを騒がせない程度には、近隣の方とも仲良くやってくれるとファンとしても安心なのでしょうが…。

現在は激太りで昔の面影がない?

都営住宅暮らしや万引き事件など、メディアを騒がせている石原真理子ですが、現在の容姿が変わってしまってしまい、昔の面影がないことも話題になっています。

ということで、早速ではありますが全盛期の頃と現在の姿を見比べてみましょう。

まずは全盛期の頃の石原真理子

View this post on Instagram

nozomi yamashitaさん(@no_zo__mi)がシェアした投稿

本当に美しいですよね。当時は男性にもモテモテだったようで相当な恋愛遍歴をお持ちのようですよ!

当時を知っている人からは『可愛い』や『美しい』と大絶賛の様子です。

そして現在の石原真理子

太ったというよりかは全盛期と言われていた頃から既に30年近く経っているわけで当時の美貌を保つ方が難しいと思うのですが…。

ドラマなどに頻繁に出演していた際は食生活や体型維持に努めていたでしょうが、芸能界の最前線を退いてからは(というよりか最近は全くテレビなどで見かける機会が無くなりましたが…)あまり周囲からどういう風に見られているという意識も無くなってきているでしょうしね。

激太りした理由は玉置浩二?

石原真理子とロックバンド『安全地帯』でボーカルとして活躍している『玉置浩二』の馴れ初めは今から約30年程も前だそうですが、当時19歳だった石原真理子と既婚者だった玉置浩二の不倫騒動はメディアも大きく騒ぎ立てました。

石原真理子は当時、芸能界で絶頂期を迎えており、女優としての地位を確立していたということもさることながら、既婚者である玉置浩二との不倫ということで、誰しもがド肝を抜かれたようです。

報道直後の画像がなかったので最近のものから当時を振り返れるものを選びました。2006年に双葉社より発売された石原真理子の自叙伝『ふぞろいな秘密』には当時のことが鮮明に書かれており、玉置浩二のあまりにもひどい暴力癖が原因で約1年でこの関係が解消されたと記されていました。

この件で玉置浩二にはすっかり暴力のイメージが付いてしまったようですね。

これで二人は永遠に顔を合わすことがなくなったかに思えましたが、2009年に23年ぶりの再会を果たすとその直後になんと電撃結婚…。しかし石原真理子は2003年に結婚していた白人男性と2004年に離婚したとされていましたが、なぜかこの離婚が成立しておらず玉置浩二との婚姻届けは正式に受理されなかったようです。

そしてこれを機に二人の関係がギクシャクし始めたようで、法律上の夫婦になれないまま破局してしまったのではないかと言われています。その後、玉置浩二はかつて女性アイドルグループ『C.Cガールズ』で活動していた『青田典子』との交際を宣言し2010年の7月に結婚。

この交際宣言に対し、石原真理子は怒りを露わにしてしていたことが報じられており、『まだ水面下で話し合いの解決が終えられていない最中にこのようなことを聞かされて本当に驚いております』とコメント。

さて、前振りがだいぶ長くなってしまいましたが、この一連の騒動が石原真理子を精神的に追い詰めてしまい激太りしてしまったのではないか?と私は推測しています。心底、信用していた人に裏切られたような気持になってしまい、暴飲暴食に走ってしまうというのはありがちなことですからね…。

激太りしてしまったのは仕事がないことへのストレス?

大女優としての地位を一度、経験してしまうと今まで貰えていた仕事が急に入らなくなってしまったことによりストレスを抱えてしまうものなのではないでしょうか?

この記事の中でも、いかに最近の石原真理子が芸能界での仕事が激減してしまっているのかということに触れましたが、これが原因で激太りしてしまったという可能性も考えられますよね…。

この投稿をInstagramで見る

Yoichi Fujiwara travelerさん(@you.927.yf7)がシェアした投稿

いかがでしたでしょうか?

今回は大女優として1980年代に輝かしいほどの実績を残してきた石原真理子についてまとめてみました。

ここ最近はスキャンダルで見かけることがほとんどになってしまいましたが、またドラマなどで元気な姿を拝見できる日が待ち遠しいですね!

>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.